印鑑の種類は何があるのか


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

印鑑の素材選びで悩んでいる方も多いかと思いますが、素材を選ぶ前には知っておきたいことがあります。それはどんな印鑑を作りたいかです。種類によって選びたい素材も変わるので、まずは素材を選ぶ前に印鑑の種類を理解しておくことが重要です。これから購入を考えている方のためにもここでは種類について話します。

印鑑の中でも最も大切と言われているのが実印です。これは印鑑証明が必要となる契約をする場合に使う印鑑となり、日常生活で使用することはあまりありません。しかし実印は登録をしなければならないので、できる限り耐久性について考えて選ぶ必要があります。

続いて銀行印と呼ばれる種類も存在しています。銀行印は銀行でお金を借りる時や口座を開設する時などこのような場面で使用する印鑑ですが、ほとんどの人が銀行口座を開設したいと思うでしょう。開設するためには必要な印鑑となるので、銀行口座の開設などが目的なら銀行印を作る必要があります。これも登録が必要な印鑑ですので、それなりに耐久性のある素材を選ぶことが重要です。

その他にも認印と呼ばれている印鑑がありますが、これは登録などが必要ない印鑑です。登録が必要ないので何を選んでもいいと思っている方がいますが、使用頻度としては認印が一番多く使う可能性が高いので、認印でもこだわって選ぶ必要があります。

種類について理解したと思いますが、このサイトでは他にも種類に応じた素材の選び方や通販での購入について触れます。